2016年10月04日

④インテグラルな〝資本‐社会‐文化‐個人‐実現‐主義〟

何か、名前はもとより

凄そうな新発想とその伴いが浸透して来れば

どこか(の時期)で、平和な時代が爆増します。


とにかく、いい爆発、平和意識の方の爆発が、いいですね(・∀・)


日本も、戦争前後は ひどかったですが

それなりに、平和ボケ(笑)しているので

中国や北朝鮮に違和感を感じるのは

こういった〝戦力放棄‐平和ボケ〟が見えないから!

といったところを〝シャドーワーク・熟考〟すれば、よいです♪
posted by インテグラルとど at 23:13| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

社会労働と自己実現 ~従業員と自分らしさ①~

〝店員 自分らしさ〟〝従業員 自分らしさ〟と検索しても、中々ヒットしませんね。

まだ誰も、この領域に本気でアプローチしていないからでしょう。

例えば、〝わたしはわたし型〟のルートの人は、〝競合‐達成型〟のルートの人と経験の様式が違うので

〝従業員〟が〝生計・当たり前・訓練・普通・充実感〟などを表していると連想できません。

こちらのマズローの解釈の話もまたそうですが、〝発達領域(発達ライン)〟を考慮していませんね。


こういったことを洞察しながら、なにげなく働く以上のことを実践するヒントを模索します。


[次の記事]〝雇われると〝自己実現が楽〟

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

ラベル:AQAL
posted by インテグラルとど at 21:12| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

雇われると〝自己実現が楽〟 ~従業員と自分らしさ②~

〝わたしはわたし型〟の人には想像できないのですが、〝競合‐達成型〟の人の場合は

〝自己実現=社会に認めてもらっている仕事〟ですよね。


〝わたしはわたし型〟の人は〝社会に認めてもらえる仕事を自分の出来ることをやってゼロから作る〟のですが

〝競合‐達成型〟の人は、先人の築いてくれた場に甘えることで、自己実現といった充実の方法を学んでいくわけです。


[次の記事]〝労働は何故苦しみ?

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 21:14| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

労働は何故苦しみ? ~従業員と自分らしさ③~

資本主義において、消費社会が依存社会ということで、労働の方を苦しみとして扱う考え方が主流です。

が、前回の〝甘える〟〝よりかかる〟ことで、〝競合‐達成型〟の人は、より早く〝充実〟を味わえることも事実です。

つまり、〝就職活動の緊張・苦痛〟は、この寄りかかる場所への選択の重さというわけです。

ゆえに、会社を尊敬し、社内の仲間とシステムを愛することができるのです。


[次の記事]〝就労は苦しみ? 喜び?

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 19:52| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

就労は苦しみ? 喜び? ~従業員と自分らしさ④~

結局、社会の中で従業員として働くことが、幸せなのか苦しみなのか、よくわかりませんよね。

この後、女性性について論じますので、ひとまず以下

きれいな店内で笑顔でスタイリッシュに働く女性に、私はこの上ない魅力を感じています。

男性社会は抑圧的で、柔軟さが欠けている感じがするからです。

労働が苦しみではないというヒントがここにあり、関係することを従来の職業に統合することで

その出口が見えるでしょう。


[次の記事]〝わたしはわたし型 と 競合‐達成型 の対話

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 22:24| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

わたしはわたし型 と 競合‐達成型 の対話 ~従業員と自分らしさ⑤~

前回の女性(性)についてもですが

彼女たちを見ていると、〝場の中で社会に認められる行為ができていることに感謝〟して

〝真剣に充実〟しています。


男性は経験できないですが、子どもを産むときなどの通過儀礼もまた、こういった〝仕事は苦しみ〟の雑念を克服してくれるのではないか?と思っています。

私的には、女性から〝正しい受容の方法〟をたくさん学びたいと思いますね。


[次の記事]〝男女雇用機会均等による労働者側の男女統合感

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 22:32| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

男女雇用機会均等による労働者側の男女統合感 ~従業員と自分らしさ⑥~

要約すれば〝就職活動側は男女の差異をきっちりと理解し多元的に実践する〟となります。

変な骨抜きの少女イラストではなく、しっかりとした女性と協力したい男性は、これを考える必要があるのです。

雇用する側は、以前までの原理主義的な〝男女差別〟を取りやめて、権力者の〝嗜癖〟を振るい落とす(解体する)必要がありましたが

仕事を探す側は、そういった方面の逆で、男女の差異を明確にした上で、いいとこどりをしていく、という積極的な気持ちと実践が個人とチーム全体の成長を促すでしょう。


[次の記事]〝女性の活躍

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 22:38| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

女性の活躍 ~従業員と自分らしさ⑦~

ワークシェアリングの話にもなりますが

現代の〝明るくテキパキ〟という価値観は、女性と女性性を成熟させたいすべての男女にとっての〝実践の機会〟となります。

カフェのお仕事に、現在では投影されていますね。


女性(性)の社会進出により、スタイリッシュでしなやかな〝臨機応変さ〟が脚光を浴び

関白亭主みたいな接客価値観は後退すると同時に

〝労働の選択肢が増えた〟ということです。


[次の記事]〝節約派と会社派

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク


posted by インテグラルとど at 22:32| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

節約派と会社派 ~従業員と自分らしさ⑧~

副業を内緒で・・・とか、〝本業と副業を分ける〟変な風潮も、これの最期の抵抗として、別で論じますが


基本、女性(性)の社会浸透により、ワークシェアリングから〝節約派〟という労働形態が生まれました。

主婦の一部を埋めると言ってもいいでしょう。

ご飯を自分で作るとかです。

会社で徒党を組めないが、必要な経験を集約して積めます。


よくニート(無職)と間違われますね。 (ニートは状態です。)


[次の記事]〝可能性に特化した〝独自開発型〟

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク


posted by インテグラルとど at 23:57| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

可能性に特化した〝独自開発型〟 ~従業員と自分らしさ⑨~

というわけで、節約派は

〝お金はそこそこしか使えないが、自分の意味に全力特化した余裕のある営みをとことんまで追究する

〝わたしはわたし型〟のルートです。

最近まで、〝ニート〟だと言われていた(思われていた)生き方(在り方)ですね。


会社絶対主義は終わりましたが、これから会社を存続させるのは、こういった節約型陣営の豊富なアイデアと生き方なんですヨ。


[次の記事]〝会社徒党(型)の限界

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク


posted by インテグラルとど at 23:10| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする