2017年12月20日

皆で分かち合うコスモスの夢 ~クリシュナムルティと多世界③~

彼は、ラマナ的なアプローチをとります。

表面的には。


彼は、宇宙の目的は、今やあまりにも〝表面的〟となってしまっていて〝落ち込む〟と言っているのです。 (彼の志向性の根拠)

ただ、彼は、動じません。超人のようです。

されど、宇宙に意味を見いださなければ、何かがダメになると感じており、しかし(ほぼ)誰も分かってくれないので、色々と考えました。



人を破壊的にだますような人は〝誰にもわかってもえない〟けれど〝自分のことはまったくわかっていない〟ということで、そういう〝非合理的〟な人ではなく

もっと一般の人(から)ですら〝私(クリシュナムルティ)のことを分かってくれない〟と(彼が)感じている(気付いている)意味で、彼の(正常で深い)主張は、〝どうすれば私の感じているコスモス(世界)の興味を皆と分かち合えるのでしょうか?

ここが、キーポイントだったりします。


非合理的な人は〝思考で頭をいっぱいにする〟けど、クリシュナムルティは〝(心理的)思考が けだるさの(深いことを見いだせない)原因である〟と悟って、そこに時間展開を与えません。

彼は憎しみ等を終わらせる〝方法〟を持っているのです。


[次の記事]〝非二元のラマナ・深度のクリシュナムルティ

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 11:42| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする