2016年06月04日

静寂幸せな〝統合的生き方〟 ~マイ・ビュー ×〝インテグラル・シンキング〟⑩~ ≪FIN≫

日本でありがちなことに

〝ケン・ウィルバーの思想は 階層的で 一部に差別的で、それをまともに使うものは 自分の脆弱性を必ず隠していて、破たんしている〟とか

重い理論ですので(笑)

言われないことも、空気的にないのですが


基本、彼の理論は、〝グレース&グリット〟とか〝ワン・テイスト〟とか

統合心理学への道 の終章〝常に すでに〟など、そういった前提的な基盤があり

〝信仰のライン〟で解するのがオススメです。


また、〝マインド・モジュール〟は、認知を鍛えるための枠組みである以上に、数学的視点化(きらデコのギャグセンスなど)や音楽生起的なマインド空間(夢作曲)等も範疇であり、マインド ⊃ 認知 です。 (私は 認知を[とりわけ単独で]鍛えない枠組みだと思っています。)


結論は、(ウィルバーオマージュ視点かもしれませんが)

理論にとらわれず、自然の風の、空のように

しかし、理論的な芸術性を、しっかり根拠を持って愛でながら シャドー・ワークしながら

気軽に生きていくことは、可能です。


(ウィルバー各種・本書) 別に、息が詰まるような主張ではありません。
ラベル:AQAL
posted by インテグラルとど at 20:22| Comment(0) | 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください