2015年06月04日

[補足] インテグラル世界を読み解く(≧▽≦) ~統合数学研究⑪ [AQAL・8つのゾーン]~

統合数学(AQAL)を読み解くにあたって、ちょっと判り難そう&ユニークな視点を挙げてみます。


☆反射の個体ホロン☆

熱いから手を引っ込めるあれですね。自分の身体機構が全的に働いて行われますので、1-p×3pの生物学的現象学(ゾーン5)の視点です。反射を外側から観察する場合は、3-p×3pがゾーン6の行動主義等、3-p×1-p×3pが 以前に挙げた視点と同じ 洗練されたゾーン5の普遍法則というゾーン6です。私的には3-p×1-pの方が3-pのみより洗練されるイメージです。

なお、ヴァレラの生物学的現象学は、ウィルバー5-とど的には〝3p×3-p×1-p×3p〟がきれいですが、ゾーン5のデータを洗練させたゾーン6になりますので (※前回までの議論参照・現象学→構造主義と同様の流れ) 〝3p×1-p×3p〟や〝3p×1-p×3-p×3p〟(いずれもゾーン5) の方がカッコが付くかもしれませんね。ちなみに、後者の3-pは〝カエルの目〟等として理解可能です。


☆ゾーン5とゾーン7を特別扱いしてみない?☆

現象学1-p×1-p×1pと構造主義3-p×1-p×1pは、まず内側1-pの後、体系化として3-p×1-pが出てきますので、自然に、ゾーン1からゾーン2への水平的洗練と 理解できます。

問題は、生物学的現象学1-p×3pと生物学的現象学の構造主義(と便宜上呼べるもの)3-p×1-p×3pは素直に理解できますが、考えてみれば、単なる行動主義3-p×3pや3-p×3-p×3pとゾーンによる区別がつきませんので、これらに対しての1-p置換があれば、すべてゾーン5扱いにするのはアリです。あくまで混乱しないような視点のお勉強の上に、自由に使える視点の世界を築こうっていう、ウィルバーの浮遊大陸発想ですからね(笑)

対象が3pで1-pがターム(項)にあれば、〝ゾーン5・ゾーン7と見なす〟のが賢明でしょうね。


☆構造主義の2-p化とメインドメイン・サブドメイン☆

現象学(1-p×1pの内観ないし1-p×1-p×1pのコアな現象学) をデータ洗練する手法は3-p×1-p×1pという構造主義で表せましたが、その前段階である2-p×1-p×1pのもう一つの表し方が3-p×1-p×1p(3-p×1-p×1p)であり、ゾーン2やゾーン4的な背景から規定される現象学者達のグループは、文化的視点(ゾーン2と4)を(例えば多世界にまで)広げることで〝普遍性が相対的に減少〟〝グループ特性が増大〟するので、2-p×1-p×1p(3-p×1-p×1p)や2-p×1-p×1p(2-p×1-p×1p)として捉えることもできそうです。


☆個体ホロンと内部外部と境界部☆

個体ホロン(1-p)・・・奇数ゾーン  非個体ホロン・個体法則(3-p)・・・偶数ゾーン  グループの個体ホロン(2-p)・・・境界ゾーン

2-pは、グループ内(狭い範囲)では偶数ゾーン3-p、グループ外(広い範囲)では奇数ゾーン1-p 等、エイジェンシー・コミュニオン・変数 的 捉え方が可能です。


☆8つのゾーンが示す主体☆

私(I)は示しても、具体的に誰か(名前)を示すことはない。サブドメインに来る1-pが自分(書き手)のことを言っているとは限らない。みたいな 基本的ですが、なんだかなぁ・・・(・∀・)なよなよ  もあります。


☆3項視点のグラフ化☆

以前似た議論をしました。(意外とシンプル 統合数学)

Q(グラフ線の最先端の今・Now)×方向(グラフの変化・変数)×D(データ)

横軸に時間(t) 縦軸に事象(コスモスに生起する 高度+視点) を取ると 変数によって、グラフがフラフラなよなよします(・∀・) 最初の方に挙げた1-p×1-p×1pの洗練では、構造主義化の成功や失敗・難航によって、左の変数が1-p~3-pの間で揺れます。微積分法がインテグラル出てくるからって(笑) なぜ高度8にあるのかと考えると、こういったところまでが全ボディだからなのでしょうね。一切衆生をインテグラルする、ということなんですね(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)


☆おまけ☆

1-p×3-p×1-p×ap(3人称化の果ての統合的‐AQAL的)は、1-p×ap(プレモダニズムの現象学的・ノーマルなゾーン1と5) と区別できます。(a=1,2,3)

例えば、昔のプレモダン的形而上学の認識は1-p×1p (偉い人の聖典概念化は3p×1-p×1p 頭にハイフンなし、です。)

私が構造主義を使ってゾーン1現象学的に判断する(高度+視点)は、1-p×3-p×1-p×1pですね。(ワンピースを5-8の高度と判断、とか。)

ゾーン2や4に無知かどうか、創発認識できる時代か。というわけですね♪


[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク


posted by インテグラルとど at 21:56| Comment(0) | 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください