2014年02月07日

言葉遣いと聞くと、窮屈になってしまう!

言葉遣いのみが、日本語ではありません。

違い、感、など、意味深な言葉があるように、日本語は、語彙が豊富で、〝気持ちを明確に伝える〟為に進化してきた言葉です。

言葉遣いにこだわる上司面する人は、いろいろ語彙を語ってるようで、何も語れてないことが多いです。(カモフラージュ。防衛。)

論文調を極端に嫌煙したりと、バランスが滅茶苦茶です。

全て日本語なのに・・・

人を傷つける・・・という行為は、言葉以前にあるもので、国ごとに・・・って感じでもないでしょう。

特定の日本語にのみ固辞する人は、その源流の日本語を否定することになってしまうのでした。

いいアニメは、いい日本語を使ってます。

黒子のバスケの火神くんの、~~だろ!・・・です! みたいに、セリフをかっこよく言い切ったあとに、ですを付ける明確な丁寧語も好きです。

本来の日本語はこれでいい!

役者は、会社員とは別の視点から日本語を捉えるのですね。歌詞もそうです。


言葉遣いは、きっちりして、気持ちよくなりましょう!!

ただ、上記のように、基本的に、日本語はこれでいいです!

無駄に だらしなくならないように だけ、気を付けましょう。
posted by インテグラルとど at 16:00| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする