2019年01月25日

自動運転フェイズ3の実現方法 ~ドライバーに適切な責任と権利を!~ [今変わる!道路交通 ④]

責任=権利 として、安全に適切な運転をしたいというドライバーの願い=権利に応えるのが、新しいシステムでしょう。

自動運転ですが、フェイズ4から ドライバーに責任が発生しない、とするなら、フェイズ3は 多くの方が言うように 今のシステムでは移行は不可能に近いです。

まず、適切な責任をドライバーに理解させ それを車道で実現する(フェイズ3)→その達成をシステムに組み込み メーカーが責任として引き受ける(フェイズ4)

責任=権利 です。

メーカーは、誰もが安全運転できる車道を私たちが実現したときに その権利をシステムに移植させる役割であり、モラルの反映はフェイズ3で変化しないと 包括的でないので うまくいきません。

フェイズ3で、自転車と原付が、安全に車道を走れるような〝システムの革命〟が絶対的に必要だと感じ、3年程度では 行政によりますが、不可能でしょう。

それを説得するにも、自動車ドライバー同士の熱心な討論が不可欠であり、自転車か原付に乗ることで そのシステムの発生と定着を手助けするのが効果的だと思います。

このまま、自動運転が実現してメーカーの責任になるから それまで適当な運転で良い と思って車道に出ている自動車がいる限り 完全自動運転が実現することはないでしょう。

自動運転のポイントは、システムは 自転車とも道路構造とも互換性を持たせるために モラルを含めてドライバーの意識から変えて より適切な道路交通システムを実現する必要がある、ということです。

これを飛ばして 完全自動運転には行けません。その場合は自転車に配慮できないでしょう。

この意味で、フェイズは システムのレベル(深さ)とも言え、フェイズ3への移行でレベルが深まると捉えることができます。

(一般的には、フェイズ3はレベル3と呼ばれていますが、水平のレベル=フェイズ の意味です。)


[次の記事]〝自動車ドライバーのモラルの健全度を見る歴史 ~資本主義と経済力~

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

ラベル:AQAL
posted by インテグラルとど at 09:00| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

自動車は高速道路を走る乗り物 ~ 一般道は特例・徐行 ~ [今変わる!道路交通 ③]

自転車にとって、車道が原則 歩道が例外、これは、自動車にとっては、高速道路が原則 一般道は例外、という関係に極めて近いのですが、同様に感じている自動車乗りの方は、どのくらいおりますでしょうか?


自転車がまともに走れる歩道は限られており、サイクリングロードになってようやく 気が楽になるものです。

それでも 歩行者がいる区間があります。

自動車にとってのサイクリングロードは高速道路の下位互換である有料道路でしょう。

しかし、そこには 原付が走れるという道もなぜかあり、原付の後ろに時速30km以下で追走する 追い越しブロックの車両を走らせないと 原付は走れない場合が 非常に多いのです。

こういったことを敢行している方もいました。 (※当然 満場一致で 非推奨!!) [動画リンク]

現状での自転車の都会での歩道走行は、歩行者の合間を縫ってのうねうね走行[非推奨!]ですが、一般道での自動車の自転車を障害物として避けるような通常の運転と同じ傾向のものです。

(流れ=速度超過 主張が 崩れている よく見る例です。) [動画リンク]

即ち、自転車は車道が原則ということは、自動車は 一般道は 自転車原付に対して徐行 高速道路が通常用途として原則、ということです。

現時点で、これを理解するには、自動車に天敵が必要で、システムによって 示されるかもしれません。


自動車を運転する方の中には、一般道は危ない、と思う方がいらっしゃいます。

とても正常です。

現在、なぜか 横断歩道の停止線で徐行停止せず 制限速度で走行する自動車をあおり 自転車を減速せずスレスレであっけらかんと抜かし 片側二車線で普通に並走し続け 自転車原付に対して縦の車間距離を取って減速することも稀である という おかしなルールが 一般道を支配しています。

これは、自転車の歩道走行を車道規格[歩道を車道]と見なしているのと同じで、非常に危ないですが 自動車を運転する人たちの間ではうまくいっているので [自動車の一般道での種々行為は]流されて黙認されます。

わたしは、危ない運転を構わないと思う人たちから免許を返上願えば、自転車に運転を合わせても安全に走行できると思います。

歩道の自転車の現状を見ると、自動車による交通戦争の慣れの果てに思えます。

自動車ドライバーさん。このポイントに気付いていますか?

自転車は車道が原則、は、一般道での[自動車の]運転が自転車の歩道走行のようだ、という点ですよ。


[次の記事]〝自動運転フェイズ3の実現方法 ~ドライバーに適切な責任と権利を!~

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 09:00| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

自動車ドライバー同士の討論をやろう ~自動車に天敵がいない?~ [今変わる!道路交通 ②]

インターネットを見ていると、自動車を運転していると宣言して 自転車や原付に対して どうすれば安全に運転できるのか、そもそも適切に運転できるのか、といった討論を 見かけることができませんでした。

これは、① 彼らが 自転車や原付1種を真剣に愛用したことがない、② 自動車ドライバーとして天敵がおらず 自動車同士意外に配慮する必要が無いと信じている、ということになるのではないでしょうか?


自動車は、バックミラーだけで流れで車線変更を 恐らく しますが、ハンドルに当たってしまうとまずいので 後ろを振り返って安全確認しながら行うものなのかが、自転車乗りの私からは 不明です。

流れ速度以下だと、割り込まれるなどの理由で 減速せず、後ろの自動車の位置関係だけ把握し続けることで車線変更をするとしますと、不用意に連発できるものではなさそうですが、そもそも 高速道路で できていることです。

自転車と一般道を走るにあたって、片側2車線の道にて 右車線が空いていても 右に車線変更をしない自動車が多いことから、一般道の車線変更すら相当難易度の高いものだと 私からは思えるのです。

それとも、する必要が無いと単に感じているからなのでしょうか?


流れで運転するということだけで 100%を超える難易度を要求され、高速道路でそれを適切に行うも、一般道で自転車と原付との追い越し配慮に難があるとしますと、一般道の自動車の速度は速すぎる、さらに 自転車と原付について 配慮する必要が無いと感じている、と言えるのではないでしょうか?

この点に関して、自動車乗りの間で討論を見かけないのは、そういう人たちは自動車に乗らなくなってしまったということ、かもしれません!


これらは、今や当たり前に感じる疑問で、全く解決されていないと思うのですが…ω


[次の記事]〝自動車は高速道路を走る乗り物 ~ 一般道は特例・徐行 ~

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 06:00| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

自動車と自転車のセーフティ・ネットワーク ~自動運転・交流~ [今変わる!道路交通 ①]

自転車は 車道を走れるのでしょうか?

自動車は 安全についての討論をネットで展開していますか?

自動運転のハードルって何だろう?



こういった、道路交通の論点に、気付いている人もいるかと思います。

今回、私の視点で そういったお話をしようと思います。


想像力の高い人にお任せしますが、こう捉えてください。


〝30cm以下の間隔 かつ 時速30km以上で 自転車を追い越した自動車は 一発免停〟


(上記は、現在の道路交通法[現状]では考えず、未来の自動運転の視点と 今必要な責任を しっかりと捉える目的で、ただし〝具体的に〟 記述表現しています。―― ※文字通りに理解するものではありません。)

[次の記事]〝自動車ドライバー同士の討論をやろう ~自動車に天敵がいない?~

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク



posted by インテグラルとど at 09:04| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする