2019年04月22日

広告雑誌の〝意図・感情・思想〟 ~情報社会のモードと深度~

世に存在する〝ありふれた情報〟は〝モード(世間の常識の発言力のタイプなど)〟を規定し(影響を与え)ますよね。


あなたが、自分をうまく表現できない空気があるとしましょう。

それが、その意味でのモードです。



(↑ ここでは、深さよりも 健全なバランスとシステムから見ます。)


資本主義は、お金を効率よく稼ぐための手段に思われていますが、〝どういった手段(目的)で消費(貯蓄)するか〟は 決まっていません。

これをあおる(コントロールしようとする)のも、その意味でのモード(を規定する)ということです。


私が、放映コミュニティを指して〝第一の抗争〟と表現したもの(に近い現状)でもありますが、〝広告主それぞれの意図・感情・思想〟を規定する〝意図・感情・思想〟があり得るということです。

後者のそれ(意図)が〝お金を稼ぎたい〟だとしますと、上記の健全なバージョンに無頓着な〝他の意図や想いと深さはどうでも良い〟主張となり(得)ます。

資本主義全体について、〝お金を稼げればそれでいい というモードで どんどんおかしくなってきている!〟という仮説は立てられませんか?


今回のコーナーは、〝社会になじめない〟〝自分に合っていない空気を感じる〟〝手におえない〟といった悩みを抱え続けてきた人に向けて書いています。

(実は、元々のこのブログの趣旨が、この辺りにあります。)

上記の広告主を〝芸術家〟(あなたの特に好きなアートの 意図・感情・思想を込める人) に置き換えて見れば、より実感できることと思います。

私は、芸術家は差別されていると書きましたが、そういうモードがあることは、誰でも大概 分かります。

(アートとアーティスト自体は広告ではありませんが、順当に見ていくと 芸術[内面]が情報として扱われる〝動向〟を捉える上で、大切な視点であることが 分かるはずです!)


私の経験上、特に求人雑誌が〝アイデンティティや夢や生き方のモードをコントロール〟している現状に加担している(可能性がある)と思います。 (――勿論 発行を単純に反対するものでもありません。)

そういった情報源と関係なく芸術家を目指した人と 関係して目指した人では、社会に対する〝役割意識〟が異なる(傾向がある)と思います。

簡単に言うと、〝あなたの夢は何ですか?の答え〟を成熟させられるような自信の文脈(モード)は〝誰によって与えられますか?〟

あなたの夢です。 (あなたの関係です。)



最近、信号を守って横断歩道を渡っていても、右左折で突っ込んでくる自動車が多いと感じます。

〝働け働け〟のモードの社会なら、上記は助長(黙認)されるのではないでしょうか。

求人雑誌の意図に〝通勤のルールを成熟させたい〟という思い(発想)があるかどうかで、長い目で見て信頼できる情報か 判断できるかもしれませんよね。


そういった広告情報誌には、私の報告してきた生き方、夢・思想を明確に持ったことによる〝なるべく働かないライフのススメ〟(メリットの主張) が存在しない(としか思えない)ので、〝特定のモード以外を周辺化している〟〝発生を妨げている〟と言えるかもしれません。 (ここでは 相対的に後に発生する深さ視点だけではなく バランス・健全性でも見ます。)

必要ないと断定している主体〝意図・感情・思想〟がある(あり得る)ということです。


(具体的なシステムの反例で良いならば、電話番号不要 などの〝金銭的コストを下げる〟試みすらないのでしょ?)


こういったモードは 深くかかわりだすと ややこしいので、基本ノータッチですが、政治の理解には このような(深層的背景に走る各種問題に対する鋭い)感性が必要なのかもしれません。

上記に成熟した理解を持った政治家は、これから さらに必要とされるでしょう。

私たちの税金(資源)や生活(安全)を〝なかったことに〟しないような≪公共の福祉・システム・意図≫が ますます重要になっています。


信頼の原則を無碍にするのは、この意味での〝脚色〟です。

企業同士がなぜ協力せず、足の引っ張り合いを未だにしている (と言われる例が少なからずある) のかと言えば、〝日本人はモード (ここでは いわゆる 集団に作用するデマのようなもの) に影響されやすいから〟と 言えるのかもしれません。

(主題が〝広告雑誌〟ですが、こういったジャンルだけでも ――種々広告情報紙と そのオンライン版を含む―― 流れや 全体像をとらえる大きなヒントとなるでしょう。 好きなだけ考えましょう。)


あなたは、唯一無二の〝人間〟なので、決して型にはめられていいような存在ではありません(・∀・)♡

あなたの深みを見つけましょうω ←強気☆彡

posted by インテグラルとど at 09:00| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする