2019年04月09日

道のルールとリベラル・スペース♪ ~著作と社会交流と〝今〟~ ③

リベラリズム(現代のリベラル教育など)には〝具体的な規範を押し付けてはならない〟という〝素晴らしいモラル〟が 体現されています。

これを、道路交通と内面に開いて、著作の交流と見ます。


グレーゾーンと言う言葉がよく飛び交っていますが、〝噂話・デマ〟と同じ性質のものだと感じます。

私は道路にて〝すり抜けを全般的に勧めない〟のですが、理由は〝認識されていないかもしれないけれどルール違反だから〟〝全てのシチュエーションを分かろうとしていないのだろうけれど とても危ないから〟です。

すり抜けることで自転車は〝車道デビューしやすくなる半面 自動車が自転車に安全な縦と横の車間距離を保たない自動車中心社会の現状〟に気付くので、そうやって走ることに行きつくかもしれないけれど すり抜けを覚えないでほしい、と言っています。

確かに、すり抜けることでしかわからない〝道路のルールの混乱の学び〟はあり、それはグレーゾーンと言うよりは〝ありえない・おかしな現状〟なのです。

自分がその現実に巻き込まれていることすら気付かずに〝無意識に認めてしまう=(文脈で言える)デマを真実だと取り違えてしまう〟点が、深刻です。


つまり、虎穴に入らずんば・・・的な要素はありますが、〝社会のルールが混乱している=深い内面により より正しいルールの深層的意図を把握して 公共の福祉に反する主張を拒絶する という営みが成功していない〟―― 危うさに気付いて〝皆で別の道を探索する〟べき 緊急の課題があるのです。

確かなことは、ルールを破ってでも〝気付かなければならない社会の歪みと危機的な混沌〟があり得て、さらに〝次世代を巻き込んではならない〟というビジョンで行動しなければなりません。

そうしなければ、さらに混乱(歪んだ慣習)は蓄積されてゆくからです。


話を進めましょう。


著作のコミュニケーションの芸術家同士の引用の〝より高パフォーマンスに自由な公共の福祉にのっとったルール〟は、そういった〝次世代に開かれた健全で深い〟ナチュラルな奮闘の中でしか 継いでいけないのです。

インターネットという公の場と〝記録の継続的な報告〟の〝兼ね合い〟は〝さらに真剣な情熱〟によって ルール(道)になるように〝自ら試して〟いかなければならないのです。

それが これからの公の交流の〝常識と勇気〟です。

良い意味で、さけられないもの なのです。


ヒルクライム、という言葉が、自転車視点でありますが、坂道を好んで上る〝クライマー〟の生きざまと似ている部分が〝芸術家〟にあります。

自分の出来る部分で〝深く洗練させながら他者と交流したい!〟そんな〝強い渇望(情熱)〟です。

〝ルールの混乱した自動車社会の中の道路の中の坂道の中のクライマーの交流のための熱意〟は なるべく交通量の少ない道が良いという近況の他〝インターネットで報告して気持ちを共有したい〟というところに行くでしょう。

車道に〝目的地に行くだけの用途〟しか付加できないわけではない点でお分かりのように、 著作が〝売るためだけの用途にしか開いてはいけないわけがない〟のです。

道具的歪んだバージョンの合理性のみの単一目的的絶対化は、深い意図と羅針盤を無視し、混乱したルールの蓄積に無力です。

芸術・著作は〝交流するため〟に〝混乱したルールを吟味して越えていく必要がある〟のです。


道の安全性が日本では〝ローカル〟です。 著作に関するルールは今や日本でも〝世界基準〟です。

前者が未だ 非国際的で混乱しているのに、どうやって 同じ〝ルールを決める感性〟で〝より内面的に普遍的に開ける〟のでしょうか?


自転車を追い越す自動車は〝1.5メートルほどの距離を空ける努力をしても良い〟ではありません。

〝1.5メートル近く 必ず空けなければならない〟のです。

つまり、カーブの手前では 自転車位まで早めに速度を落とす〝自動運転式の運転〟ができていないとおかしいのです。

それ(自動車の本来のルール)を知らない自転車も、ルール上確かにおかしいのです。

リベラルの 具体性を押し付けないという寛容性(大好き!)にて、〝ルールを守らずに乱用する者にだけ得をする〟混沌たる結果になっていることが、私は気に入らないのです。

保守派は〝著作も道も もっと厳格にルールを作って拘束するべきだ〟と言うかもしれませんが、そんなもの〝覚えきれないし、奴らは 縛られないところでいくらでもやらかしていき〟むしろ酷くなるくらいです。

リベラルの良いところをもし捨てれば、現在の国際情勢の〝退行特急的揺れ戻り〟と同じく 二度と〝誰もが得をする よりすてきで自由で とても危ない歪んだ者だけライセンス拒絶することができるような社会〟に 軽やかに変容する機会(一期一会)は〝与えられないかもしれません〟!


日本発祥の芸術は特にそうですが、国民的な〝文化的ルール〟によって〝成り立って〟きました。

世界基準にする場合、基本的な〝子どもも安心の 文化的な著作的 もっとより自由な交流を最大限生かす〟社会のルールを しっかりと成り立たせていかないと、国際的なグラウンドで〝日本の文化を納得してもらえる〟ことは無いのです。


もったいない(・∀・)ωωω


みんなのアイデアを検討して、一緒に芸術・著作を 作りましょうよ!

それを、著作同士のインターネット上の交流でも、深くならばできるのです!



✧今回の補足結論 : 「インターネット=公の場(安心感・メリット)自らが主張・定立しなければならない!!」 ✧
posted by インテグラルとど at 09:00| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする