2019年04月05日

インスピレーションの神聖と〝消費者サイド〟 ~著作と社会交流と〝今〟~ ②

芸術家は インスピレーション(イン・スピリット)という〝決して売ることのできないもの〟を形にします。

それは、多次元的な〝未来の出会い〟を含む〝意図〟かもしれないし、〝本人のみに閉じられておらず、深くは運命につながっている程のもの〟です。

統合的実践の各バージョンでは〝強烈な実践〟となるものです。

一期一会です(・∀・)


一期一会は、僅かな期間の出会いにすぎないのではなく〝そのやや長めの一瞬を信じてコミュニケーションに移すことで 一生ものの運命の関係を築けるほどのイベント〟です。

芸術家は、活動と著作によって、この〝一期一会を引き寄せる〟のです。


政治と行政も ここを理解して、誰しも

じゃましてはなりません(・∀・)

もちろん、まがいのダメな方の芸術擬態(のナチスのような運動)は〝リベラルな芸術家同士の合意によって完全に拒絶〟されますから、大丈夫です。

(それ ―とても歪んだ主張― は、公共の福祉により じゃまされます♡ ―― それが真正の芸術家に対してウイルスなんだよと反転主張しても、絶対通りません! マジですよ☆彡 やめときなさい(^^♪ ―本当の広義ポストモダン・アートは すごいからね。)


話は進みます。


神聖なインスピレーションは、芸術家の〝権利/責任〟です。 後の世代にも継承されます。

その責任(芸術家と言う魂の普遍的ネタばれ)を〝あまり知らない人々=別の責任を引き受ける人々〟に対して開いていく活動が〝芸術作品という形にして売り物にする〟ということです。

別分野への対話とも言えます。

これは、芸術家同士の〝作品の広義の引用を含むコミュニケーション〟とも違います。

より一般の広域の人々に対して〝売り物にすることで市場のシステムをサポートし 作者を通した売れない神聖なインスピレーションに対する責任と分けることのできる 自由な鑑賞の領域・方法を提供するよ〟ということです。

鑑賞者(ファン・購入者)は、〝売れないインスピレーションを神聖に洗練させ守ること〟ではなく〝自分たちの公共の福祉に貢献する営みによって大切なものを守る〟という〝拡張した交流〟によって、よりバラエティに富んだエンターテイメントとしての恩恵を受けることができるのです。

過激な描写や売れればいいだけのものは芸術ではなく、〝神聖なインスピレーションからの拡張した交流〟にもなりません!

上記に含まず、良いものの場合では、戦争を批判して風刺した(要素ばかりで構成された)著作は、芸術と言うよりは社会運動です。 特殊な形態なので、インスピレーションの根源性は薄い気がします。 良いとは言えないもの・子どもに開けないものも つくりやすいです。

また、〝購入の形態をとらずに配布する芸術作品(パフォーマンス含む)の形態〟も〝範囲の規定によって 拡張した交流〟となり〝売り物と同じ形式〟で 扱えます。 (著作全般で言えば、このブログもそうです。)

〝芸術≒著作〟の文脈で、このコーナー(主張)が進行していることは 既にお分かりいただけたと思います。 (補足)


基本的には売り物の 有名サイドに対して、ある条件にて上記を〝無名サイド〟と表現したりもしています。

定義はぴったり重なりませんが、それぞれを 発達段階の領域【2つの並走するライン】で扱うこともできます。 芸術家同士の広義の交流において〝異なったルールと責任〟として見られます。


現時点でのこのブログは〝無名サイド〟としての責任とルールです。 そこも 社会のルールは考慮すべきです。

有名サイドとの交流の方法などは特殊に成り得ます。


〝多〟分野で、内面と意図(と深さ)を認め合おう ということです。

そう記述して、次回につなぎます。
posted by インテグラルとど at 09:00| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする