2018年02月14日

宇宙には〝たんまり〟意味がある! ~クリシュナムルティと多世界⑰~ ≪FIN≫

世界、と言いますと外形にとらわれがちですが、多世界にまで広げればなおさら、内的な感受性のウエイトが大きくなるのです。

クリシュナムルティは、自らの独特な気運と人生観、立場と優しさを持って、彼の言葉でしか言い表せないメッセージを時代に残しました

ですが、彼が知っているものは何もないと、彼は言っているのです。

その一つの意味が、私がこうして、みんなとこういったお話を書いて見ているということ

さらに、基底はすべてを越えている、私達もまた何も知らないんだなと言うこと

それが、ふしぎな偶然すらも 軽やかに起こすのだということを


私もまた、クリシュナムルティの〝文字〟を読みつつ、彼の痕跡ではなく〝彼に出会う〟ことを洞察した(或いはそう試みた)一人です

パラレルワールドが内にあるのならば、確かに私たちは、彼に会っていますし、彼もまた、しっかりと私たちに出会っているわけです。 (その意味をちゃんと見てみてください!)


彼の思想はシンプルであり、ゆえに、表面上は、思考として文字を眺める限りでは複雑に経験される代物でもあります。

彼は〝心理的な思考としての時間が終われば、シンプルになる〟と言っているだけで、その意味を ――今できる おそらく同じものは私達の世界で試みられなかったであろう方法で―― 解釈しました。


彼の言いたいことのナチュラルな部分は、総合的には、翻訳家も含めて〝解説と解釈を入れない方が良い〟ことが多いですが、にもかかわらず、彼の愛する〝トーク〟は〝統合的対話〟に開かれてこそ最強の力を発揮し、それこそが彼の意図した〝覚者が複数集まると世界が変わる!〟というものなのです。


正確には、彼は〝思考の網にとらわれない考え方(―概ねAQAL―)〟を提供しているにすぎず、その〝思想を蓄積する価値は無い〟ことに価値があることを徹底的に言ってきた(笑)

のですが、結局は、シンプルに愛が溢れていたということと、知恵は必須であるということで

書く時のコミュニケーションに必要な形式は〝蓄積の展開ではない〟と言う風な感じで

自由!

だということですね♪


以上、このコーナーでの結論

宇宙には意味がある!


細部はみなさんとゆっくり生きるということで

この辺でお開きにしちゃいましょう☆彡


[あとがき : 彼を知らない方向けに言いますと クリシュナムルティは別に パラレルワールド等を主張しているわけではありません。が、同様に独特な視点という意味でも、私流の一つの彼の解し方、説き方、といった感じに受け取って頂ければ幸いです。 最近の訳として今回私が参考にした書籍は「時間の終焉」で、これがまた 新たな方向でおもしろいのです。]




[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 22:10| Comment(0) | 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください