2018年02月02日

過去や未来にタイムトラベルする必然性 ~クリシュナムルティと多世界⑭~

例えば、ある より道徳的な物理学者が素粒子力学の研究をして、原子爆弾の開発とリンクし、不本意に戦争に使われ、あと一歩で地球が焼き尽くされる次の戦争に・・・

こういった経験をして、この人生に意味があるか? 人の不合理な理由とは何か? と強烈に問うことは、基底としての(離れず より深い)構造的エネルギーを持った者(気付いた意識) には自然でしょう。


ここで、物質宇宙が神だとしますと、原爆と戦争とニヒリズムが神だということになりかねません。

即ち、基底とは、すべてを含むのです。時間も、歴史も、なにもかも。

(なにもないので。)


基底に時間がないのに、時計上の時間が存在する以上、そして素粒子力学からこういった歴史にまで発展した以上

私達(基底)は、この歴史自体を 記憶としての幻想の過去や未来としてではなく、現実の〝過去や未来〟として しかも科学的にも 知ることができるはずです

思考と想像で知るのではなく。


一見、悲観主義者は、輪廻を多世界解釈に持ち出しそうですが、―― 逆に、最も霊的にうまくいった世界から学ぶなど、いいとこどりができる発想は、10歳の子どもにも できるのではないでしょうか(笑)


[次の記事]〝より深い基底の世界創造

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 21:25| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする