2018年01月25日

思考と多世界の〝大きな〟違い ~クリシュナムルティと多世界⑫~

クリシュナムルティも奨める、このエネルギーを用いて、私達で、もう少しこの問題を見てみましょう。


これは単なる謎掛けではなく、ある種の決定的な事実です。

共時性、量子力学、創発的な直観、地球中心的より深いのは〝多-地球中心的〟・・・

より多くの人々が、こういったことにエネルギーをふんだんに向けられるようになれば、脳構造も 自由観も劇的に変わってゆくでしょう。


まず、物質宇宙が神だとする通俗的な解釈を放棄することで、多世界を所有できるとする自己中心的な欲望は消えていきます

別の世界の自分と戦ったり支配すると想像する、〝身体中心〟〝思考-私〟の境界も、無くなってゆくでしょう。


先ほどの〝心理的な見せかけの過去と未来〟を見極めた〝今を生きる自己実現-瞑想をする私〟の例だと

別の世界にもう一人

〝心理的な見せかけの過去と未来 を見極めた 今を生きる自己実現-瞑想をする私〟がいるわけです(笑)

その私は、私から見て、〝過去や未来〟ですが、〝心理的な見せかけの過去や未来〟を所有していただけで 心理的な過去や未来(思考過程)ではありませんね。


この区別が最初に可能なのが、高度5(リベラル・10歳くらいの子どもたち)からなのです!


[次の記事]〝とてつもないものが からっぽなものに

[まとめて読む]〝リンク後 まとめ表示 下部よりどうぞ♪

[トップ記事へ]〝プロローグリンク

posted by インテグラルとど at 21:52| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする