2014年11月01日

マヨラーは邪道!? ~そもそも砂糖だって…~

何事も、センスとか科学とか無視するべきではありません。

何にでも際限なくマヨネーズかけておいしいですか?

何にでも際限なく砂糖かけておいしいですか?

私は、玉ねぎスライス重心や玉子の手巻き寿司とタマゴサンドには、結構かけます。

それは、予想より豪快に使った方が、味がよさげになるからです。

それ以外にはそんなに使いません。

あとは、サラダとか?


今の時代、何も食べない日をつくることも、アリらしいですね。

食費…とか嘆くだけの時代でなくなったと思います(笑)
posted by インテグラルとど at 21:23| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

社会の病気とは!? ~分離が先か? 偏見が先か?~

〝社会に出たら分かる〟

社会の理不尽さ を知ると

ってか、そういう噂がデフォルトのステレオ観念であることを知ると

生きていくことに

日々を積み重ね、やり過ごすことに

重責を感じるようになります。

これは、そもそも

程度の低い社会文化的な風習が先なのでしょうか?

前者は健全でしょうか?

はたまた、そうでない、不健全な病理が

前者、偏見を生み出す基本的原動力なのでしょうか?

次回、その核心に迫ります。
posted by インテグラルとど at 21:12| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

生きることがつらい! ~社会の理不尽さとは!?~

低位と分離、健全低俗と社会病理

どちらが先なのでしょうか?

私は〝どちらも同じ〟だと思います。

ウィルバー後期土台期である〝万物の歴史〟頃

彼は、かなり社会・文化は間違っている風な印象を与える文を書いています。

〝ワン・テイスト〟が夢と希望と空に満ちている 個人的内的世界を扱っているから なおさら対照的です。

間違った見性がもたらす偏見・病気、弱った心身から生み出される無関心。

いずれにしても

〝健全なナルシスト〟〝健全な無理解〟

そういうものは不自然です。

次回は、ロマン主義者の欠点をおさらいします。
posted by インテグラルとど at 21:57| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

ロマン主義者は解釈ミス!? ~健全なナルシストなどいない~

前回の視点で

かつてそうだった、自然な見解・見性は

後で解釈すると、不自然なそれになります。

〝万物の歴史〟曰く

〝世界平和〟〝システム的配慮〟

そういったものは、かつての意識に存在しなかった

児童の意識は〝それを知らなかった〟のです。

るろ剣を最近見て、それがよく分かります(笑)(笑)

子どものあらゆるグループを自分になじむように再解釈しても

無理が生じるのはそのためです。

何かむなしくなる…

大人だから

というより

研究していくしかありません。

次回は、結局大人が不健全な闇を生きている、ことを議論します。
posted by インテグラルとど at 20:37| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

意識的な地獄 ~そもそも天国にするプロセスって何なの?~

ウィルバー〝万物の歴史〟は、もう、少し過去の書物となりつつありますが

児童期あたりの〝意識的な地獄〟についてはかなり強調しています。

何故なのでしょうか?

私的には〝どうにもならないから〟〝大人が必ずぶつかる、げんなりするそういう現実の根源だから〟

ということでしょうか。

実存病理についても言及しており

ある種、児童期その他と大人になる頃に患う分離(シャドー)に対する

2重の判り難さ、に参っている、ということです。

次回〝児童期〟等の見性 〝大人〟頃のシャドーの違いについて考えます。
posted by インテグラルとど at 21:55| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

子どもの見解は狭い? ~固着・分離した大人が持つ領域とも別~

やっかいです。

まず、三歳児ないし、小学生は

社会のつらさも課題も分からないでしょう。

それだけではありません。

自分自身の〝3歳児〟や〝小学生〟というシャドー

社会のつらさも課題を不自然に分かってしまっています( ;∀;)

いわゆるナチス的パラドックスです。

いつの世も、結局、子供じみた破壊行為をするのは寂びた大人で

子どもは、その犠牲者です。

だからといって、子どもがその行為を反対できる見性を持ち得ることはありません。

理性が芽生える以前ならば。

私たちが感じている、分離・固着的な〝内なる子ども〟は

本当の〝子ども〟ではありません。

その見性の違いが

何代にもわたって、よくわからない誤解釈

誤偏見を繰り返し

子ども時代に大人の間違ったナルシシズム、脚本病理等を

〝刷り込ませている〟

ということです。


次回は、シャドー的見性の悪循環について述べます。
posted by インテグラルとど at 22:01| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

なぜ社会の闇はなくならないのか? ~少年漫画で話題の領域~

悪循環としては

見性の狭い人

間違った地図を作る

何らかの病気を生む

乖離を加速させる

見性が狭くなる (最上部へ↑)


となります。

どちらが先かということではありません。

確かに もはや手遅れでは?という気もします。

外面の環境問題一つとっても

人類が未来に生き延びられるかの不安要素をあおっていますね。

次回は、日々のむなしさに負けない大切さを考えて、この章を締めくくります。
posted by インテグラルとど at 21:38| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

地図は進化する ~荒廃した見解も希望から生まれた~

恋が分かりやすい(笑)

結局、激しく至福を感じ、愛を学ばなければ

それを冷めた現実だと知る虚無感も分からないわけです。

大人的な定見としては

〝すべては経験〟

です(笑)

それなくして 分かりません!

結局、児童期のゆとり世代にこんなこと言っても通じません!

が、思春期・青年期になると膨大な速度で それをやり始めます。

だから、その準備を 子供たちにさせるためにも

この〝転換点〟と、結果的な〝経験による見性=成長〟

という視点を、理性を以って守っていく必要があります。

それをサポートする限り、人はそんなに間違いません!

笑顔も必要条件にすぎません!

結局は〝まだ世界が滅びていない〟ことを

みんなで分かち合えばよいのですよ。

その空気を一人静かな部屋で味わうことで。
posted by インテグラルとど at 22:06| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

ILPは盲点!? ~社会のはどうなの??~

〝盲点を持つ自分で設計されるから〟

と、インテグラル・ライフの実践設計に述べられていますが

ホロンが構築されて創発、表面化した

〝良かれ悪しかれ我が祖国〟もまた

それを持ってるでしょう(笑)

このページの趣旨に近いものを言えば

〝搾取が前提〟をぬぐえないこと!

大体すべては、このネガティブな発想から回っています。

まぁ、まだ地球が滅んでませんから(笑)

強制労働もいいのかもしれませんが・・・

私は嫌いです!

(みんな嫌いか(^^♪)


要は、今の社会を一言で言うと

〝好きなことを誇りをもってできない社会〟

あるいは

〝好きなことを尊厳を持ってできない〟〝―根源的―自由を持てない〟社会

ということです。

ゆえに 逆に、そこに気を付けて あえて流れに逆らうことで

〝本来の流れに逆らわない自然なもの〟〝盲点と言う欠陥〟に気付くことができるのではないか?

と とどは考えています(・∀・)
posted by インテグラルとど at 21:16| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

ダイヤモンドを削る物質! ~熱で溶ける的人生哲学~

要は、ダイヤモンドより硬く

ある一定以上の熱できれいに溶けるタイプの物質を開発できれば

加工もしやすいし、よいよい未来科学です(・∀・)


つまり

・超かたくて熱でそう簡単に溶けない

・前者よりさらに固く ある一定以上の熱で容易に溶ける


このような、天然と人工の双方補完的、サイクル的なのが

真に統合数学的な〝視点的科学(未来的科学)〟にあたると思います。

私たちの内面と日常が、このような感覚・精神的な戦略(視点)で溢れ出すと

いろいろおもしろくなるでしょう!
posted by インテグラルとど at 21:41| 実用的生活実践 | 更新情報をチェックする